仲介と買取の違い

不動産を売却する場合、「仲介」と「買取」の2種類があります。
私たちにとっては耳慣れた言葉ですが、はじめて不動産の売却をされる方のために改めてご説明します。

仲介の場合
売主(あなた) → 仲介業者(不動産業者) → 買主(不動産業者又は一般人)

売買の場合
売主(あなた) → 買主(不動産業者又は一般人)

買取と仲介の違いを理解する事が大切です。

それぞれの売買のメリット
※仲介の場合…仲介業者に手数料を支払う必要がありますが、一般的に直接の売買よりも高値で売れることが多いようです。
※売買の場合…買主を探す手間がかかります。さらに一般の方同士の取引の場合は、トラブルが起こる事があるようです。その点、不動産業者が買主になる場合は売値は多少安くなりますが、トラブルも少なくすぐに物件を売ることが可能です。