任意売却について

 住宅ローンの返済がどうしてもできなくなってしまった場合や、支払いが困難になったことにより債権者(銀行などの金融機関)から差押や競売の申立てをされそう、もしくは、すでに差押、競売の申立てをされてしまった場合に、不動産の売却方法のひとつである任意売却という方法によって、問題を解決することをお勧めいたします。

 

 任意売却とは、住宅など不動産を購入するときに、ほとんどの人は住宅ローンなどのお金を金融機関から借り受けます。金融機関は融資の担保として、購入した不動産に抵当権等を設定します。不動産を売却する時には、抵当権等を解除(抵当権等の登記の抹消)をしてもらうことが必要です。

 

 抵当権等を解除してもらうためには、融資金の残額をすべて返済することが前提です。ローンの残高よりも高く売れれば何も問題はありませんが、残高を下回る金額でしか売却できない時には、全額の返済ができません。

 

 このようなときに、金融機関等の合意を得た上で不動産を売却なっている不動産を債権者(銀行など)との話し合いによって売却し、返済しきれなかった債務を残したままで抵当権等の解除をしてもらいます。

 

 任意売却という方法は、金融機関にとって『競売のときよりも、融資金の回収が多く見込める』というメリットがあります。その分あなたには、『売却後の残債務の返済に柔軟に対応してもらえる』というメリットが生じます。話し合いによってはあなたの引越し費用などのサポートをしてもらえることもあります。

 

任意売却をスムーズに進めるための条件

     *依頼者との間で常に連絡が取れること

     *共有名義人がいる場合には、その共有者と連絡が取れること

     *内見、内覧時に、対象物件に実際に住んでいる人の協力が得られること

     *依頼者本人および連帯保証人(または連帯債務者)た決済に来られる事

 

 ~競売開始決定通知が届いてからでも間に合います~

 

担保不動産競売開始決定通知書が届いてからでも、任意売却は可能です。ただし、開始決定通知を受け取ってしまった場合には時間との戦いとなります。開始決定通知をそのまま放っておくと『入札期日』の通知が送られてきます。この通知が送られてくると、もう、時間的に難しくなってしまいます。

 

 競売開始決定通知書が届いたら速やかに行動を起こすことをお勧めします。